« 『物件交渉術その2』・・・互いのうれしさ | トップページ | 『融資の結果』 »

『物件交渉術その3』人は義理人情

売買とは、売主と買主がいて成立するものです。

その売主と顔も合わさないで自分の資産を売却する。

通常、その様な流れで契約は進められる。

ただ相手も人間であるし、感情もある。

相手に嬉しさや安心感、信頼を与える事で売買の心情も

変化する。

こちらとしては、指値交渉しているので、相手にとっては聞きたく

ない内容である。

しかし、義理人情的な思いを相手に伝えれば状況変化する

ケースも多々ある。

知恵を振り絞って、自分なりの戦略指値交渉を考えて見ては

如何でしょうか。

|

« 『物件交渉術その2』・・・互いのうれしさ | トップページ | 『融資の結果』 »

不動産投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『物件交渉術その2』・・・互いのうれしさ | トップページ | 『融資の結果』 »